ウォーターサーバーの電気代は高い?安い?

ウォーターサーバーはいつでも5℃前後の冷たい水・80℃以上の熱いお湯が気軽に使えるのが魅力ですが、そのためにはサーバーを稼働させるための電気代が必要になります。

 

熱湯と冷水が365日常に用意されていることはウォーターサーバーの非常に大きなメリットです。

 

それでは毎日熱湯と冷水を維持するために電気代は月にいくらくらいかかるのだろうかと気になるのは当然のことでしょう。

 

自分の家でウォーターサーバーを常に稼動させたときのつきの電気代は高いのか?安いのか?その気になる問題について調べました。

 

実際ウォーターサーバーを利用しようと思っているほとんどの方が「どれくらい電気代が必要なの?」と心配されているようです。

 

確かにあの機械を一日中動かしているとなると相当な電気代が必要になるのでは…と思うのも無理はありません。

 

でも意外なことにサーバーの電気使用量は平均一日33円程度と意外にリーズナブルなのですね。

 

毎月に換算しても「電気ポットを利用する」くらいの費用=1000円/月くらいで済みますし、最近では省エネタイプのサーバーも多く開発されていてもっと節約することも可能になっているのですね。

 

毎月の電気代が概ね1000円プラスされることが安いのか高いのか。もちろんこれは人によって感じ方は異なりますし、使い方によっても変動があるので安いと言い切ることは難しいかもしれません。

 

ですが、常にお湯が用意されているため、コーヒーやお茶を飲みたくなったときにお湯を沸かす手間も時間もかかりませんし、お湯を沸かすことにかかる光熱費も節約できます。

 

おいしいお水が常に用意されているため、ジュースなどの無駄な出費を減らすことができたという口コミも良く見かけます。

 

ですからトータルで考えるとウォーターサーバーの電気代は安いと私は考えています。

 

注意点としてはウォーターサーバーの電源は冷蔵庫などと同じ使い続けている限りはずっと入れっぱなしにしているモノです。

 

電気代を節約するために使わないからと電源をOFFにすることは基本的には出来ないようになっているのでウォーターサーバーを比較する際には水代・サーバーレンタル代と合わせて「毎月に掛かる電気代」も考慮に入れて考えるようにするとより満足度が高くなるでしょう。


ウォーターサーバー電気代をチェックする際のポイント

基本的には電源は常に入れっぱなし
節約モード(エコモード)機能が搭載されているか?
水の設定温度は変更することが出来るか?

などに注目するとさらに比較しやすくなります。

電気代・消費電力で比較!ウォーターサーバー一覧表

サーバーレンタル費用

電気代/月

サーバー特徴

無料

約700円/月

・温水90℃固定
・冷水5℃固定
・省エネモード搭載

無料(*3か月で6本以上の使用ノルマ有)

通常サーバー
約1,000円/月
省エネサーバー
約700円/月

省エネサーバーでは通常サーバーに比べて消費電力約50%削減

1,050円〜1575円/月

アクアアドバンス
約350円/月
アクアクレール
約1000円/月

省エネ機能搭載機種では消費電力が最大65%削減

無料(*1か月以上注文休止で840円の負担)

約609円〜1,200円
*サーバー機種により異なる

エコモード搭載(ボタン一つで消費電力を抑える事が可能)

無料

約1,000円/月

冷水(約6℃)固定
温水(約87℃)固定

38,430円(買取り)
(買い取り型)

約1,000円/月

冷水(約6℃)固定
温水(約87℃)固定

1,050円/月(*支払は12回で終了)

約1,000円/月

冷水(約6℃)固定
温水(約87℃)固定

無料

約609円〜1,000円/月

らく楽サーバーのみ
エコモード機能搭載
消費電力最大40〜50%削減

600円/月

約1,000円/月

電気ポット使用と同程度の電力消費

無料

約609円/月〜

消費電力25%〜50%削減

無料

約1,000円/月

エコモードで消費電力30%削減

無料

約1,000円/月

業界初光センサー搭載部屋の光に合わせて自動で調整

無料(水代金に含む)

約1,000円/月

冷水:5℃〜12℃ 温水:80℃〜90℃

無料

約1,000円/月

冷水:約5℃
温水:約90℃

無料

約1,000円/月

エコモード搭載
消費電力30%〜50%削減

一括払い 25,200円
分割払い 525円×48回

約1,000円/月

温水:約87℃
冷水:約6℃

スタンダードタイプ800円
エコタイプ
1,000円

約1,000円/月

エコタイプで15%の消費電力削減
冷水:4〜12℃
温水:80〜90℃*エコモード60℃〜70℃

1,000円/月

温水80度〜90度
冷水5度〜12度

600円/月

約1,000円/月

温水:約85℃
冷水:約5℃

1,050円

約632円/月

冷水・温水の電源がそれぞれ独立しているため一方だけの使用が可能

800円

約1,000円/月

4段階の温度調節可能25%の消費電力削減可のエコモード搭載

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバー電気代高い?コスト比較中!【一番エコなのは?】関連ページ

採水地で比較
ウォーターサーバーを比較する際気になるのが水の安全性。採水地はどこ?衛生面はどうなの?など気になる点は一杯。ここでは主要な水宅配業者を一覧にしてそれぞれの水の種類、採水地について比較しています。
デザインで比較
ウォーターサーバーだってオシャレなモノが欲しい・・そんなニーズから最近は機能だけでなくデザイン的にも魅力なサーバーが続々登場!ここではそれぞれの業者で扱うサーバーにはどんな種類があるのかを一覧にて紹介しています。
赤ちゃんに使える?
赤ちゃんのミルク作りに適したウォーターサーバーはどれ?選ぶ際のポイントはなに?など「ミルク作りに適したサーバー」の選び方をお教えします。簡単に比較できる一覧表もありますよ。
やけど防止機能で比較
ウォーターサーバーのような機械は子どもにとっては魅力的なおもちゃ!!いたずらしてやけどしない為にもチャイルドロック機能は必須です!最近は温水だけでなく 冷水にもロック機能が付いた機種もあるので比較するとイイですよ。
配送エリア比較
ウォーターサーバーを選ぶとき宅配エリアの確認はとても大切です。希望する業者が自宅に配送できるかまずは調べてみましょう。ここでは一目で配達エリアを確認できるように一覧表でまとめているのでぜひ参考にしてみてください。
サーバーサイズ比較
人気のウォーターサーバーのサイズを一覧表にして比較!スタイリッシュな床置き型、省スペースで使いやすい卓上型など自分好みでチョイス。自宅の設置したいスペースと比較してみてください。
水の硬さ比較
軟水・硬水と言う言葉は良く聞くけれど一体何が違うのか知っていますか?水の美味しさの元となる「硬度」。ここではウォーターサーバーごとの水の硬度を一覧表にて紹介。自分好みの水をぜひ見つけてください!
水素水を比較
体内の活性酸素を除去する作用があるとして今最も注目を集めている「水素水」。分子が小さく軽いため保存が非常に困難な水素水なのですが、水素水が生成できるサーバーを使えば自宅で手軽にいつでも水素水が飲めますよ。
バナジウム含有量比較
血糖値を下げる効果があるなど大注目を集めている成分「バナジウム」。日本全国にたくさんの天然水が湧いていますがバナジウムを含有しているのは富士山麓の水だけ。健康に気遣うなら富士山麓の天然水がお勧めです。
一人暮らしにおすすめ
温水・冷水機能が付いているウォーターサーバーは一人暮らしにもピッタリ。ここでは一人暮らしにぴったりなウォーターサーバーを一挙紹介しています!使い捨てパックなら回収いらずでゴミも少なく一人暮らしでも快適に使えますよ。
家族におすすめ
人気急上昇中のウォーターサーバー。家族で使う場合の選ぶポイントとは?どこに気を付けて選べばいいの?などオトクにウォーターサーバーを利用するためのポイントを一覧表を使ってお教えします。
オフィス用を比較
オフィス・業務用に使うのにオススメのウォーターサーバーの紹介。一般家庭と違って利用人数、利用量が格段に多いオフィスなどでは価格と使いやすさの良さが一番のポイント。紙コップなどの備品の取り扱いの有無も重要ですよ。
ノルマの有無で比較
無料で利用できるサーバーであっても業者によっては毎月の利用ノルマが定められている場合があります。契約する場合は水代、サーバー代、ノルマの有無などをトータルに比較することが大切ですよ。

このページの先頭へ戻る