毎月かかる費用はどれくらい?

ウォーターサーバーを比較する場合一番気になるのは「毎月どれくらいの費用が掛かるのか?」だと思うのですが、その場合気にするのは水の値段だけではありません。

 

水の費用以外にもサーバーレンタル料、メンテナンス料など必要になってくる場合もかなり多いのです。

 

さらに最近ではサーバーレンタル費用がゼロ円となっている業者も良く見かけますが、「無料」で使える条件として毎月の水利用量に注文ノルマがあったり、一定以上継続して注文し続けなければならない…などの制約がある場合も少なくないのです。

 

毎月の費用を少しでも節約するためにしっかり押さえるべきポイントを確認してから自分に合ったウォーターサーバーを注文するようにしましょう!!


ウォーターサーバーを利用する際に掛かる費用

水代

水の種類は大きく「RO水」と「天然水」に分けることができます。

 

価格が安く続けやすいのは断然RO水ですが美味しさで選ぶならやはり天然水がオススメです。

 

サーバーレンタル代

サーバーレンタル料が無料となっている業者も少なくありませんが多くの業者では無料に利用するためのいくつかの制約を設けられていることが多いです。

 

無料だからと安易に契約せずしっかり見比べてから申し込むようにしましょう。

 

サーバー稼働のための電気代

サーバーの電源は基本的に年中つけっぱなしが原則です。

 

最近では省エネモードのウォーターサーバーもたくさん出ているので節約するならエコモード搭載タイプを選ぶのもオススメです。

 

水配送料

配送料は無料のところが多いですがお住まいの地域に寄っては送料が掛る場合もあります。

 

しっかり検討してから申し込むと良いでしょう。

毎月に掛かる費用で比較!ウォーターサーバー一覧表

 

サーバーレンタル料

水代

電気代

配送料

フレシャス

無料

FRECIOUS富士:874円/4.5L
FRECIOUS富士:1,134円/7.2L
FRECIOUS木曽:1,150円/7.2L

約700円/月

無料

クリクラ

無料(*3か月で6本以上の使用ノルマ有)

1,350円/6L

約1,000円/月

無料

アクアクララ

1,080円〜1,620円

1,080円/8L
1,296円/12L

350円〜1000円/月

無料

コスモウォーター

無料(*1か月以上注文休止で840円の負担)

1,274円〜2,052円/本

840円〜1,200円/月

無料

クリティア

無料

3,780円/24L

1,000円/月

無料(*北海道のみ630円負担)

アマダナウォーターサーバー

39,528円(買い取り型)

3,780円/24L

1,000円/月

無料(*北海道のみ630円負担)

キティウォーターサーバー
(クリティア)

1,050円/月(*支払いは12回分で終了)

3,780円/24L

1,000円/月

無料(*北海道のみ630円負担)

オーケンウォーター

無料

1,275円/12L

1,000円/月

無料

ハワイウォーター

618円/月

2,268円/本(20リットル)

1,000円/月

無料

アクアリズム

無料

1,197円〜1,995円/12L

609円/月

無料

ドリームウォーター

無料

1,900円〜2,052円/12L

1,000円/月

無料

プレミアムフジ

無料

1,885円/本

1,000円/月

無料

アクアセレクト

520円/月

2,900円/22.7L

1,000円/月

無料(*沖縄1040円、北海道520円負担)

エターナルアクア

無料

京清水:1,760円(税抜)/12L
富士の滴:1,800円(税抜)/12L
日田の誉:1,900円(税抜)/12L

1,000円/月

無料

ワンウェイウォーター

無料

1,274円/12L

1,000円/月

無料

富士青龍水

525円/月

567円/6.2L

1,000円/月

無料(*北海道のみ750円負担)

TOKAIおいしい水の宅配

スタンダードタイプ:823円
エコタイプ:1,028円

1,024円〜1,337円円/12L

1,000円/月

無料

宅水便のキララ

952円(税抜)/月

1,200円(税抜)/12L

無料

アルピナウォーター

月572円(税別)/月

948円(税別)/12L
1,477円(税別)/18.9L

1,000円/月

無料

スプラッシュウォーター(ダスキン)

1,080円/4週間

2,808円/11L×2

632円/月

原則無料

富士の湧き水

822円/

1,645円/12L

1,000円/月

無料

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーコスト高い?費用比較中!【いくらかかる?】記事一覧

東日本大震災の影響から端を発した福島県の原発問題。あの未曾有の大惨事が起こってから2年以上の歳月が過ぎようとしていますが要として事態は収束の気配さえ見せてはいません…。実際ウォーターサーバーの利用がここ数年の間に激増しているのも「水」に対する多くの方の不安感も大きく関係しているのは間違いないでしょう。2006年には291億円ほどしかなかったウォーターサーバー市場が、2012年には950億円を突破、...
最近はウォーターサーバーのデザインも多様化しオシャレなものもドンドン出ています。カラーも1色じゃなくて絵の具のパレットのように多色展開している機種も多く、家具やリビングのインテリアに合わせて選べるようになっているのですね。またクリティアのハローキティシリーズやアクアクララのエヴァンゲリオンなどキャラクターとコラボしているサーバーまで登場し、選ぶ楽しみがますます増えているのです。以前はウェーターサー...
生まれて間もない赤ちゃんに飲ませる水としてはどんなものを与えてあげればよいのでしょうか?本来安全であるならばミルク作りの水に煮沸した水道水を使うことは問題では有りませんが、原発問題以降「水に対する信頼性」はドンドン崩れていることもあってどうしても神経質になってしまいがちなのですね。またつい最近ニュースにもなった群馬県の水道水から「病原性原虫」が検出された事件は水道水に対する信頼がますます失われてし...
ウォーターサーバーはコックひとつ、ボタン一つで水やお湯が簡単に出てくることから非常に便利で使いやすいものの、小さなお子さんのいる家庭にとっては「キケン」になってしまう事も少なくありません。もちろんウォーターサーバーの魅力の一つに「小さなこどもでも自分で好きな時に水を入れて飲むことができる」…と言うのがあるので基本的に冷水の方にはロックされていることは少ないです。いたずら防止目的に冷水機能の方にもチ...
ウォーターサーバーの業者を選ぶ際に自分の住んでいる地域が宅配可能エリアかどうかを確かめることは特に重要です。なかでも「北海道・沖縄・離島」エリアにお住まいの方は宅配対象外となっている業者も多いのでまずはしっかり確かめておきましょう。また宅配が可能であっても地域によっては送料を負担しなければならなかったり、配送日をあらかじめ決められてしまっていたりと利用に制限が設けられてしまう事も少なくないのですね...
ウォーターサーバーはいつでも5℃前後の冷たい水・80℃以上の熱いお湯が気軽に使えるのが魅力ですが、そのためにはサーバーを稼働させるための電気代が必要になります。熱湯と冷水が365日常に用意されていることはウォーターサーバーの非常に大きなメリットです。それでは毎日熱湯と冷水を維持するために電気代は月にいくらくらいかかるのだろうかと気になるのは当然のことでしょう。自分の家でウォーターサーバーを常に稼動...
ウォーターサーバーを設置しようか考える中で一番初めに気にされるのが「置き場所」。「うちは狭いからサーバーを置く場所がない…」「マンションでも置けるの?」「もし入らなかったらどうしよう…」などサーバーの置き場所で必ずと言って良いほど迷われるのですね。でも実際のウォーターサーバーはそれほど大きなものではありません。一般的な冷蔵庫よりもずっとずっとコンパクト。最近は省スペースタイプやスリムタイプも多く出...
水を飲んだ時「美味しい」と感じるのは硬度による違いです。硬度とは水に含まれる微量のミネラル分(カルシウムやマグネシウム)の質量を表していて、カルシウムやマグネシウムの質量が高い水の場合を「硬水」、反対に質量が低い水の場合を「軟水」と呼んでいるのですね。一般的に日本人に好まれる水は軟水と呼ばれる柔らかい水でまろやかな口当たりでほのかな甘みさえ感じるほど。ちなみに日本で湧き出ている天然水のほとんどは軟...
「水素水」と言う言葉を聞いたことがあるでしょうか?水素水とは水の中に水素分子が一定以上含有している水の事を指していて、今この水素水が持つ健康維持効果があらゆる研究機関で実証され始め大きな注目を集めているのですね。そして水素が持つ最大にして最強の効果が「活性酸素の除去作用」少しでも美容や健康関連に興味のある方なら、老化やあらゆる病気の原因になっているのが「活性酸素」による身体の酸化が原因であることは...
バナジウム含有の天然水が身体に良い…と言うことはなんとなく知っていても「なんで良いのか?」について知っている人は意外に少ないのではないでしょうか?最近各方面において様々な研究がされているバナジウムですが最も効果が期待されているのが「血糖値を下げる働き」。バナジウムにはインスリン同様、血糖値を下げる働きが確認されていていずれ糖尿病治療薬になるのではないか…とまで言われているのですね。またバナジウムに...
たくさんのウォーターサーバーがありますが一人暮らしに向いている機種にはどんなものがあるでしょう。例えば家族が多い家庭では水のタンクの容量が大きい方が『取りかえる手間が少なくて済む』と言うメリットがありますが一人暮らしならそれほど大きなタンクでなくても大丈夫ですよね。それよりも容量は少なくても取り換えるのが楽な軽いパックタイプの方が一人暮らしには向いていると言えます。また一人暮らしだとお部屋のスペー...
家族で使う場合のウォーターサーバーを選ぶポイントとして一番重要なのはやはりコストではないでしょうか?特に大家族の場合なんかだとひと月に消費する水だけでもかなりの量になるのであまり高すぎる水を選んでしまうと後々家計を圧迫してしまう…と言うことにもなりかねないのですね。また「軽くて持ち運びしやすい」と言う理由だけで少量パックの水を選んでしまうとしょっちゅう水パックを補充しなくてはならない…なんてことに...
家庭用と違って利用する人数が多い「オフィス・業務用」のウォーターサーバーは何よりもまず使いやすさと価格の安さがポイントです。水の価格もそうですが、少しでも経費を抑えるため出来るだけサーバー費用が掛からない業者を選ぶ…などの工夫も必要になってくるのですね。また不特定多数の方が利用する様なショップや店舗などに設置する場合は紙コップなどの備品を取り扱っているかどうかもチェックするポイントだと言えます。一...
ウォーターサーバーの最近の主流は「サーバーレンタル代が無料」のモノ。確かにサーバー代は毎月掛かるものなので無料で利用できたらありがたいですよね。ただ気を付けなければならないのは「無料で借りられるために一定の条件を設けている」場合です。ちなみに条件の中で一番多いのが「水の利用ノルマ」。月に一定以上の利用がある場合はサーバー利用料が無料になるが、ノルマが達成できなければペナルティとして利用料が課せられ...

このページの先頭へ戻る