ウォーターサーバーと浄水器の違いは?

ウォーターサーバーと浄水器の一番の違いは、「水をどこから採るか」と「使う目的」です。

 

浄水器は基本的に水道水のカルキ臭さや不純物を取り除くために水道に直接取り付けるものですから使う水は水道水そのまま。

 

水の価格としても断然安く使えます。

 

ただ元は水道水ですから水そのものの質は変わることがありません。

 

そのため浄水器を付けていても「飲む水」に関してはペットボトルの水を利用する…と言う方が意外に多いのですね。

 

一方、ウォーターサーバーは天然水などが充填されたボトルの水を購入して専用のサーバーに取り付けそのまま飲んだり、料理に使ったりするためのものです。

 

またサーバーの機能に「冷水・温水」付いているためポットや冷蔵庫代わりとして使うことが出来、サーバーから直接お湯を入れてカップラーメンを作ったり、コーヒーやお茶を淹れることが出来るのですね。

 

そしてこの使い勝手の良さがウォーターサーバーの一番の特徴なのです。

 

またウォーターサーバーの水は全国各地の名水など業者によってこだわりの水を取り扱っているため「水の硬度やミネラル分」など自分好みでチョイスすることも可能。

 

「赤ちゃんのミルク用に利用したい」「健康維持のために利用したい」など使う目的が決まっている場合は用途に合わせて水を選ぶとさらに満足度は高まるでしょう。

 

浄水器

  • 水道に直接取り付けるタイプが多く設置は簡単。
  • 水そのものの質は水道水となんら変わらない。
  • 3か月に1度程度のフィルター交換が必要。

 

ウォーターサーバー

  • 温水・冷水機能を持ち美味しい水がそのまま飲める
  • 天然水などのこだわりの水を使っている
  • メンテナンスフリーの機種も多い

 

浄水器を取り付けていても飲む水だけはミネラルウォーターを飲む…と言う方は意外に多いです。わざわざ高いペットボトルのミネラルウォーターを買うのであれば思い切ってサーバーを設置する方がトータル的にみても断然お得になりますよ。

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーと浄水器違いは?使い勝手比較中!【成分は?】関連ページ

レンタル?買い取り?
ウォーターサーバーを使う場合レンタルするのと買い取るのとどっちがお得?比較する場合のポイントとは?など買取型とレンタル型のメリット・デメリットについてお教えします!!

このページの先頭へ戻る