省エネタイプのサーバーがあるのはどこ?

最近の家電の主流は何と言っても省エネタイプ。

 

そしてそれはウォーターサーバーにおいても例外ではありません。

 

特にウォーターサーバーは冷蔵庫と同じ「途中で電源を切ることが出来ない機器」になるので毎月の電気代を少しでも節約するためには、絶対に消費電力の低い省エネタイプを選ぶ必要が出てくるのですね。

 

一般的なウォーターサーバーの場合の電気代は月々約1000円ほどになりますが、省エネタイプなら30パーセントから50パーセント程度節電できる機種もあり、それだけでランニングコストを毎月300円から500円も節約することができるのです。

 

500円毎月節約できれば1年間で6000円ですから電気代が上がる今こそ見逃せないですね!

省エネサーバーを取り扱っている水宅配会社一覧

機能

省エネモード電気代/月

フレシャス

省エネモード搭載

約700円

クリクラ

消費電力約50パーセント削減

約500円〜700円

アクアクララ

消費電力最大65パーセント削減

約350円

コスモウォーター

エコモードボタン搭載

約609円

オーケンウォーター

らく楽サーバーのみ、省エネモード搭載。消費電力最大50パーセント削減

約609円

アクアリズム

消費電力25パーセント〜50パーセント削減

約609円

ドリームウォーター

エコモードで消費電力約30パーセント削減

約700円

ワンウェイウォーター

エコモード搭載。消費電力30パーセントから50パーセント削減

約500円〜700円

TOKAIおいしい水の宅配

エコタイプで15パーセントの消費電力削減。

約850円

富士の湧水

エコモードで25パーセントの消費電力削減

約750円

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバー省エネは?電気代かかる?【エコなのは?】関連ページ

送料は無料?
ウォーターサーバーを利用するうえで気になるのが水の配送料。基本的には無料のところが多いのですが地域に寄っては別途必要になることも…。水宅配を利用するうえで気を付けるべきポイントについてお教えします。
ノルマがあるって本当?
ウォーターサーバーでも人気なのが「無料で利用できるサーバー」。実はこれらの中には水の注文量に関してノルマが設けられていることが多いのです!ムダなお金を支払わないようチェックすべきポイントをお教えします。
ペットボトルの方が安い?
ウォーターサーバーとペットボトルの水ではどっちが安いの?どちらを利用する方が得なの?・・などウォーターサーバーを利用するうえで気になる「価格」のポイントについてお答えしています。

このページの先頭へ戻る