電気代はどう?

電気ケトルやポットと比べて電気代はどうですか?

ウォーターサーバーで掛かる電気代はポットとほぼ同等くらい、一般的なサーバーで月々1,000円程度です。

サーバーの大きさから考えるともっと電気代が掛かっていても良さそうな感じなのですが、意外にも省エネなんですね。

 

ちなみに電気ポットは常に熱いお湯を出すことは出来ますが、サーバーのように冷水を出すことは出来ないので使い勝手の面から言っても断然サーバーの方が高性能!いわば冷蔵庫とポットの役割を担っていながら電気代はポットと同じくらいなのですから相当リーズナブルだと言えます。

 

ちなみに電気ケトルの場合は少量の水を短時間で沸かす…と言う機能だけを持つ機種なので保温効果は期待できません。

 

その電気ケトルの電気代が朝と晩一日に2回500mmのお湯を沸かすだけで月に100円程度だと言われているので、常時85℃以上の熱いお湯と5℃前後の冷水を出し続けてくれるウォーターサーバーの電気代がいかに効率的であるのかわかるでしょう。

 

電気ポット、電気ケトル、ウォーターサーバーこの3つはそれぞれ持っている機能も使い方も全く違うので自分にとって一番使いやすい機種はどれなのか、そして「どのように使いたいのか」を考えた上で選択するのが良いと思いますよ。

 

  • ウォーターサーバー…コックをひねるだけで冷水と温水の両方が利用できる。機能的には電気ポットと冷蔵庫の働きを併せ持つ。常時稼働で電気代は月々1000円程度。
  • 電気ポット…お湯を沸騰させる機能と保温機能を持つ。常時稼働で電気代は月々1000円程度。
  • 電気ケトル…少量のお湯を短時間で沸騰させる働きを持つ。保温機能はナシ。1日に2回ほどの使用で電気代は月々100円程度。

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバー電気代高い安い?本音の口コミ【いくらかかる?】関連ページ

チャイルドロックの有無
ウォーターサーバーのチャイルドロックについて。小さなお子さんでも安心して使えるようにチャイルドロックの機能はとても大切。チャイルドロックにも様々なタイプがあるので使い勝手や安全を考えた上で選ぶようにしましょう。
赤ちゃんに天然水はよくない?
赤ちゃんには天然水をあげてはダメと言う通説はホント?そしてなぜだめなのか?天然水の謎、硬度や含まれる成分の違いなど知っておいて損のない天然水に関する情報についてお答えしています。
放射能は大丈夫?
福島の原発事故以降ウォーターサーバーを利用する方が急増しています。出来るだけ安全な水を選びたい、放射線物質の影響を受けていない採水地はどこかなど「安全に利用できるサーバーの選び方」についてお答えしています。
放射線・水質の調査は?
ウォーターサーバー各社が出されている「水質検査の結果」。果たしてこれらは信頼に値するものなのでしょうか?ウォーターサーバーの安全性を見極めるコツとは?信頼できる会社とは何か・など様々な疑問にお答えします。

このページの先頭へ戻る