赤ちゃんに天然水はダメ?

「赤ちゃんに天然水はダメ」という声もあるがどうなのでしょうか?

赤ちゃんに天然水やミネラルウォーターをあげてはダメ!と言う声を聞いたことがある方も多いと思います。

これは本当の事なのでしょうか?結論から言えば「天然水・ミネラルウォーターの種類によって違う」と言えます。

 

全ての天然水だからダメと言うのではなく、赤ちゃんの身体の機能に合わせて選んであげることが大事なのです。

 

例えば天然水と一言に言ってもそれぞれの水に含有される成分はみんな違ってきます。

 

ちなみに日本で採水している天然水の硬度はほとんどが20〜60で軟水と呼ばれる分類になるのですが、逆にヨーロッパの水などでは硬度が300を超えるような「硬水」がほとんど。

 

中には一時モデルさんたちの間で流行った「コントレックス」などの水は硬度が1468を超えるほどの超硬水のモノまであるほどなのですね。

 

そしてこの硬度は水に含まれるミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)の濃度で決まってくるので硬度が高ければ高いほど水の中に溶け込んでいるミネラル分が多くなる…と言うわけなのです。

 

ミネラル分は健康な大人にとっては便秘解消や健康促進にもつながるのですが、胃腸の働きが未熟な赤ちゃんにとっては負担以外の何物でもありません。

 

特にミネラル分の中でもマグネシウムの含有量が多いと腎臓への負担が大きくなり赤ちゃんの身体への悪影響も考えられてしまうのですね。

 

ですから赤ちゃんに与える水は出来るだけ硬度の低い軟水を選んであげることが大切。

 

ウォーターサーバーの中には軟水の中でも硬度が20程度の超軟水やほとんどミネラル分を含まないピュアウォーターもあるので赤ちゃんの体を気遣うならそれらの水を選んであげることが重要であると言えるでしょう。

ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーよくない?安全な水口コミ中!【赤ちゃんには?】関連ページ

チャイルドロックの有無
ウォーターサーバーのチャイルドロックについて。小さなお子さんでも安心して使えるようにチャイルドロックの機能はとても大切。チャイルドロックにも様々なタイプがあるので使い勝手や安全を考えた上で選ぶようにしましょう。
放射能は大丈夫?
福島の原発事故以降ウォーターサーバーを利用する方が急増しています。出来るだけ安全な水を選びたい、放射線物質の影響を受けていない採水地はどこかなど「安全に利用できるサーバーの選び方」についてお答えしています。
放射線・水質の調査は?
ウォーターサーバー各社が出されている「水質検査の結果」。果たしてこれらは信頼に値するものなのでしょうか?ウォーターサーバーの安全性を見極めるコツとは?信頼できる会社とは何か・など様々な疑問にお答えします。
電気代は安い?
ウォーターサーバーに掛かる電気代はいくらくらい?電気ケトルと電気ポットとサーバーではどれが一番お得なの?などウォーターサーバーを利用するうえでの気になる電気代についてお答えします。

このページの先頭へ戻る